2008年04月15日

CMデビュー!

初音ミクがついにFMラジオでCMにデビューした。

大英断を下したのは、パソコンPOSシステムのビジコムの代表取締役・中馬浩氏。いきさつはこちらを。

面白いのは、CMの製作コスト削減も目的の一つとして初音ミクを採用したものの、「言葉が不明瞭」との理由でFM岡山に断られ、声優版を製作(ちなみに「涼宮ハルヒの憂鬱」放送順第12話「ライブアライブ」のバンドで、ベースやってた財前舞役の中山さらさんが担当)。それでも諦めず、ついにbayfm78にて初音ミク版の放送にこぎ着けたこと。コストに関していうと手段と目的が入れ替わってませんか?(笑)。

こちらは他称・失脚さんが、中馬さんがピアプロに上げてたCM音声と、ビジコムのサイトにあったPRコミックを使って作った動画版。さすがは職人、仕事が早い(笑)。このままTVに流しても違和感無いと思うぞ。


まずはめでたい。
posted by ヨコハ魔の怪人 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

派生するキャラクター

初音ミクは音楽系以外のクリエイターにも大きな影響を与えた。結果、何人もの派生キャラが生まれている。中でも人気が高いのが亞北ネルと弱音ハクである。

○亞北ネル
職業:ネット工作員。時給700円。一応、実在の人物がモチーフ。ネット工作員の決め台詞「もう飽きた。寝る」が名前の由来。
詳しくは(というより生みの親のブログ)こちら


ネルの絵はオマケまで登場しないけど、ストーリーと音楽が素晴らしい。


この動画のおまけがきっかけで鏡音レンに片思いしてることになる。
で、出来た歌がこれ。



いつのまにやら実家は秋田県の米農家ってことになり、出来たのがこれ。


一応敵役のはずなのだが、なんか段々良い奴になってきてるなぁ(笑)。


○弱音ハク
初音ミクに飛びついたはいいが、使いこなせない人達の心象風景が具現化した姿。いつも飲んだくれている。
詳しくは(生みの親のブログ)こちら

ハクと言えば、弱音Pによる弱音三部作である。




その生い立ちと違って(生い立ち故か?)やたら人気があり、「第12回ニコニコ愛されキャラ選手権」において、初音ミクの22位を上回る16位という快挙を成し遂げてしまう。第13回ではミク15位、ハク17位と雪辱を果たされるが、人気の安定度ではハクの方が高いようである。
まとめwiki

ちなみにニコニコ動画におけるコメントで、「これはヒドイ」や緑字で「ツマンネ」は決まり文句であって批判・罵倒や荒らしではない。

posted by ヨコハ魔の怪人 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

キオ式ミク Start Up!



かなり初期に発表された3DCGで、私は勝手に「初音ミクのスタートアップシーケンス」と呼んでいる。実にかっこよく、美しい。特に歌い出す前の深呼吸なんて、機械に生命が宿ったかのように思える。しかもこれ、六角大王という古くからパソコンいじってる人間には有名な、安価なソフト(フリー版もあるが、製品版でも9,870円)で製作された。安いソフトでもここまで出来ると、そっちの意味でも驚きである。

ちなみに歌をハウスバージョンに差し替えたものもある。こちらもオススメ。

このCGの作者であるKioさんがCGモデルデータを公開してくれたため、作者の名前を取って”キオ式ミク”と呼ばれ、いくつもの作品を生み出す元となっている。
個人的オススメはこちら





中でもUssyさん作のこの2本はモノスゴイ。




キオ式3D作品集


突然ですが、よりによって4/1に知ったニュース(笑)。

KioさんとUssyさん、そしてmelody...の歌の作者mikuru396さんが「キオ式PVサウンド連合」(KPS)なるユニットを結成して活動開始した。これまた恐るべき出来のPVには、ミクだけでなく待望のリン、レン、MEIKO、KAITO、さらには亞北ネル、弱音ハク、FL chanまで登場する。これは今後が楽しみである。

キオ式PVサウンド連合

posted by ヨコハ魔の怪人 at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

同じテーマの2つの歌

初音ミク特有の歌のジャンルというかカテゴリーに、「ミクの立場で歌った歌」というのがある。その中から、同じテーマを採用した2つの歌を紹介する。



ミクらしいアイドルソング。この歌が発表されたころは「DTMマガジン」が瞬殺で売り切れたかと思いきや、テンバイヤーがヤフオクとかで暗躍したり、何かと騒がしい時期だった。




知られざる名曲。歌も良いが、動画も良い。サビとともに壮大な景色がパソコンに集約され、ミクへとつながっていくところなんて素晴らしい。ミクが苦手な英語にも挑戦しており、上手い英語ではないが、日本人が発音する英語としては十分かと。


という訳で、この2曲に共通するテーマとは「初音ミク体験版の期限切れ」である(爆)。それでこんなに雰囲気の違う歌が出来るのだから、面白い。

posted by ヨコハ魔の怪人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

今は21世紀

おっさん同士で呑みにいくと、ときたま「今は21世紀なのに思ったより進んでないな」ってな話題が出る。

まあ、確かに車はエアカーになってないし、動く歩道もごく一部にしかない。高層ビルをぬって走る、チューブの列車も無い。しかし、ものすごく進歩した部分もある。

という訳で、今回は個人的に今は21世紀だと実感した歌を紹介する。

1985年に、「メガゾーン23」というアニメが公開された。その中に、バーチャルアイドルの元祖ともいうべきキャラクター・時祭イヴが登場する。私の記憶が確かならば、このころはバーチャルアイドルはおろか、その元ネタであるバーチャル・リアリティという単語すら普及していなかった。かなり先進的なアニメだったと思う。

それから23年(約四半世紀!)、フィクションの中のバーチャルアイドルの歌を、実在するバーチャルアイドル(変な言葉だ(笑))が歌っている。そこに未来を感じる。




大崩壊シーンとともに観たい方はこちら。ただし、歌の最後がブツギレしてる(爆)。



posted by ヨコハ魔の怪人 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

初音ミクを泣かせた男

某テレビ局の事ではない(爆)。

ミクの歌には心がこもってない等と言う奴がいるが、これを聴いてもそう思うのなら、そいつはきっと違う世界の生き物だ(笑)。



特に3分過ぎに注意して聴いて頂きたい。タイトルの意味がお分かりになるかと。

作者のくらPこと夏樹くらさんは、切ない歌で定評があるが、機械が歌っていることを忘れてしまう程の調教の上手さでも評価が高い。「月の詩」では、「ここだけの話、藤田さん(ミクの中の人)が歌ってんねん」ってコメントがあって笑った(笑)。癒し系とも言われているが、個人的には「気持ち良く泣ける歌」と呼んでいる。



私がくらPを知ったのはこの歌。サビが素晴らしい。




疲れた時に。目からここあが出ます(笑)。


くらPのマイリスト
posted by ヨコハ魔の怪人 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

進化する職人

ここでいう職人とは、ニコニコ動画のコメント機能を利用して、いろいろな”技”を見せる人達の事を指す。

私が最初に目撃したのは歌詞職人(誤字に非ず)である。初音ミクオリジナルソング等で、コメント機能を利用してカラオケの如く歌詞を表示するのである。これが非常にありがたい。実用本位な技である。

バリエーションとして1度だけ、コード職人を見たことがある。ギター演奏とかで使うコードを、タイミングに合わせて表示していた。

その後、歌詞表示には飽き足らなくなったのか、コメントを使って画面を装飾する職人が現れた。これが実にモノスゴイ。ニコニコ動画を見始めた頃、コメント機能なんてうっとおしいと大抵切って見ていたのだが、認識を改めさせられた。

コメント機能を利用しているがゆえに、新しいコメントが大量につけばコメント職人の仕事は消えてしまう。花火のような儚い美である…オオゲサか?(笑)。

しかし、幸いなことに動画で残してくれた人がいるので、その技をご堪能召され。当然の事ながらコメント機能を切って観るように。ちなみに歌は初音ミクオリジナルの中でも屈指の名曲「Packeged」である。



posted by ヨコハ魔の怪人 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

奇才

まずはこの歌を聴いてほしい。



所謂ツンデレ風味の恋の歌である。しかし、「まともな歌詞Ver」とあるように、作者は同じだがオリジナルは別にある。という訳でオリジナルをどうぞ。



…(汗)。これでボーカロイド使いきっての奇才・鼻毛Pこと異常ぷりおんさんがどんな芸風かおわかりいただけたと思う。

では、次の歌をどうぞ。



感情移入能力の高い人なら号泣必至の歌である。個人的には、「全部流れ星だったら」のところが特に素晴らしいと思う。
しかし、これも「まともな歌詞Ver」とあるように、オリジナルではない。では満を持してオリジナルをどうぞ。



え〜、「まともな歌詞Ver」での涙を返せ、とか言わないように(笑)。こういう曲調で笑いにもって行ける鼻毛Pは本当にすごいと思う。それから、ミクの兄と呼ばれているVOCALOID・KAITO使いとしても定評がある。

ちなみに、今のところのオリジナルの最新作はこれ。



「自分は一般人だ」と思っている人にはこっちの方が良いかな?。
(Xaiさんが動画をつけたPV版)



やっぱこの人、天才だよ。何考えてるのかよくわからん(笑)。動画のインパクトが強いけど、歌も名曲なのでじっくり聴くべし。


鼻毛Pのマイリスト
posted by ヨコハ魔の怪人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

1本の動画が歴史を創ることもある

無駄にオオゲサなタイトルだが、その通りの内容なので。スケールは小さいが(笑)。

初音ミクといえばネギである。なぜネギかというと…私がくどくど説明するよりわかりやすい動画があるので、ご覧あれ。



誰かが「ロイツマガール」を作らなければ、ミクがネギ好きになることも無かった。まさに1本の動画が歴史を創ったのである。


さて、昨年末に登場した鏡音リン・レンである。まだリンのみが発表され、レンの存在がナイショだったころのこと。ミクの髪の色がネギっぽいことから、リンのアイテム(?)も髪の色から類推され、タマネギだのみかんだのバナナだのと言われていた。しかし、一本の動画とともに全く予想もされなかったアイテムが一躍本命に躍り出た。その発端となったのがこれ。



これに歌職人さんや絵師さん達が素早く反応して作品を投稿。あっと言う間に「リンレン=ロードローラー」の図式が定着したのだった。蛇足だが、ミクの「アハッ」が無駄にカワイイ(笑)。


ミクにはKAITOというお兄さん(VOCALOID1を使った先行製品。兄妹とかいう公式設定は無いのだが、ネットでは完全に兄として扱われている)がいる。で、そのKAITOにもアイテムがある。それは何故かアイス。その発端は以下の動画である。



これを生み出すきっかけとなったのがこれ
イラスト付がこれ
さらに続きがついたのがこれ(まとめて手っ取り早く見たい人にオススメ)
これによってKAITOは、アイスが大好きなキャラとして定着してしまった(笑)。

次はどんな動画が歴史を創るのだろうか。
posted by ヨコハ魔の怪人 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

初音ミクのもたらしたもの

私の中途半端に長い人生の中で、今がもっともたくさん歌を聴いている。ちなみに何を聴いてるかというと、ニコニコ動画に投稿された初音ミクオリジナルだったりするのだが(笑)。初音ミクは素晴らしいぞ、私の人生まで変えてしまった(オオゲサ)。

と言う訳で、新カテゴリー「初音ミクのもたらしたもの」である。

なお、初音ミクがなんだかわからない人は、ネットで検索してね。でもgoogleとYahoo!は使っちゃダメだぞ(爆)。

さて、直近の話題で言うと、やはり”妹”こと鏡音リン・レンである。クリプトンさんが「ミクには無い機能がある」なんて思わせ振りに言ってたが、少年声までワンセットになるとは予想外である。しかも価格は据え置き!。こういうムチャが出来るのも、ミクが売れまくったおかげなので、リンだけ買おうって人もミクに対する感謝を忘れないように(笑)。

それから、初音ミクオリジナルソングのカラオケやら着うた配信を巡るごたごた、関係の両社から前向きなコメントが出て、泥沼になる前にケリがついて良かった良かった。
posted by ヨコハ魔の怪人 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

謹賀新年

新春に聴くにふさわしい歌をみつけたので、それをもって新年の挨拶に代えさせて頂きます(笑)。




ニコニコ動画のIDをお持ちでない方はこちらへ。でもこの歌はコメント付きで見た方が絶対に良いです。
posted by ヨコハ魔の怪人 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクのもたらしたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。